ブログNews IMK へ
Shop-imkのHPへ
Copyright All Reserved IMK Corporation.

アイ・エム・ケーのトップページへ
□ 現在の会社概要

  名     称   株式会社 アイ・エム・ケー
            IMK Corporation
  本社所在地   〒501-3916 岐阜県関市豊岡町 2-4-21
            TEL.0575-22-1407 / FAX.0575-23-2748
  海外事務所   インド(Cochin, India)・ミャンマー(Yangon, Myanmar)
  資  本  金   2,000万円
  代表取締役   伊佐地 正克
  取 引 銀 行   十六銀行関支店・イーバンク銀行サンバ支店
  事 業 設 備   本社事務所(160坪)・ショールーム(30坪)・セミナールーム木楽塾(30 坪)・関口流通セン
            ター(敷地:1,000坪、内倉庫:700坪)
  社     員   9名(男性:7名、女性:2名)
  事 業 内 容   ・貿易・・・南洋特殊材・アフリカ材・米国産広葉樹等の原木、製材品及び製品の直輸入並
                 びに販売。
            ・建築・・・建築事務所として、住宅の新築・増改築の請負い、及びこれらに付帯する家具・
                 什器等の販売。
                 また、屋内プール・テニス場・倉庫・工場等の大型木工造による建築物のコンサ
                 ルティング並びに設計施工。
            ・木楽塾・・森林・木材全般のプロモーション。
1952年 山林伐採業として伊佐地木材を創業。
1975年 伊佐地木材株式会社に法人化、会社 設立。
       インド・ビルマ・タイ等東南アジアより唐木(紫檀・
       黒檀・タガヤサン・カリン等々)を主に輸入開始、
       また近隣の韓国等へ輸出も開始。
1977年 インド政府、ローズウッド丸太輸出禁止発表。
1978年 アフリカ(カメルーン等、黄金海岸)にて丸太検品
       買付け開始。
1988年 米国に市場調査。その後、北米広葉樹の輸入を
       開始。
       円高進行のため、近隣諸国への輸出を断念。
       岐阜中部未来博「緑と木の村・オクタゴンテーマ
       館」に参加。
1989年 建設業許可(建築工事業)取得。そして、木構造
       を強調し、広葉樹を内装に生かした住宅 を建設
       することを目的に建築施工部を設置。
       同時に弊社の大型木構造倉庫(250 坪)・ショー
       ルーム(大断面集成材)の建設を開始。
       木楽塾開設。
1992年 大断面集成材にて倉庫兼加工場(500坪)建設。
1996年 株式会社アイ・エム・ケーに社名を変更。
1997年 大断面集成材にて自社倉庫(170坪)を建設。
2001年 事務所を2階に移動、1階の100 円コーナーの
       充実を図る。
       木楽塾にて「酒と木々、そして楽器」をタイトルに、
       各種の酒と音楽を楽しむ側ら、木材の効用をも
       考えるイベントを開催。
2002年 エコ・グリーンテック(東京ベイサイド)、緑のダム
       に参加。
2005年 設立30周年移動式ラック設置、デリバリーの迅
       速化を図る。